ことば倶楽部 国語教室 国語力 名古屋市 西区 天白区 緑区 千種区 昭和区 名東区 一宮市 蒲郡市

トップ>Q&A
Q:うちの子は本当に本を読みません。それでも読むようになりますか?
Q:作文が苦手なので、続けられるか心配です。
Q:まだ幼稚園児なのですが、何歳から通えますか?
Q:他の速読教室との違いは何でしょうか?

Q:うちの子は本当に本を読みません。それでも読むようになりますか?


A:はい。まずは、高速リスニングで実際に体験してみてください。

ゲームやテレビなど、娯楽が多い環境の中では、お子様がお家でなかなか本を読む気にならないというのも当然かもしれません。ことば倶楽部の教室では、みんなヘッドフォンを使って、PCから流れる朗読を聞きながら本を読んでいます。「朗読があると、読書って簡単だね!」「読書って楽しいね!」と、本が嫌いだった子どもたちも、いつのまにかニコニコ顔。あなたのお子様も、きっとここでなら読書の喜びに目覚めてくれると思います。

[もどる]


Q:作文が苦手なので、続けられるか心配です。


A:作文が苦手なお子様、大歓迎です!

 苦手意識の強い子ほど、作文を書く力がついてくると、表情にも自信が表れていきいきしてきます。私たちは、その表情が見たくて、子どもたちを応援しています。
確かに、最初は何を書いていいか思いつかなかったり、上手に文が書けなかったりして、「作文ってやっぱりいやだなあ」と思うかもしれません。でも、ことば倶楽部の先生は、「早く書きなさい!」等と怒ったりしませんから、ご安心ください。毎月1回、課題作文に挑戦する中で、少しずつ文章力、表現力を身につけていきましょう。一人ひとり、丁寧に添削指導がありますから、だんだん、返却される日が楽しみになってきますよ。

[もどる]



Q:まだ幼稚園児なのですが、何歳から通えますか?


A:お子様はひらがなが読めますか?絵本の文字がゆっくり文字で追えるなら、何歳でも大丈夫です。

 ことば倶楽部に通うお子様の目的は様々です。幼児なら、小学校に通う前に、早く文字を覚えることが出来ます。また、幼少期にお気に入りの本をたくさん見つけられることも、とても素敵ことだと思います。また、保護者の方のコースもございます。お子様の隣で、速読によって情報処理能力を高めたり、忙しい日常のリラックスタイムにあてたり、と有効にご活用ください。お子様と一緒に、「今日はどんな本読んだの?」とお話出来るようになると、家族の会話も増えますよ。

[もどる]


Q:他の速読教室との違いは何でしょうか?


A:それは、「多読」と「作文」です。

 ことば倶楽部は、子どもたちに、速読ではなく「多読」が出来るようになってほしいと願っています。無理に速読UPをさせなくても、子どもたちの読む速度は自然に上がっていきます。そして、読む速度が上がれば、当然読む本の量も増えてきます。私たちは、子どもたちがたくさん読書をして、情緒豊かに育ってほしいと願っています。
また、読書で覚えた言葉、表現は、使ってみて初めて自分のものになります。その表現の場として、月に1回課題作文の授業を取り入れています。
「読む。書く。考える。」当たり前のことではありますが、その当たり前のことが出来なくなりつつある現在。基本に立ち返れば、私たちが出来ることとは、その当たり前のことが出来るよう、子どもたちを応援していくことなのです。

[もどる]


<入会の流れ